栄養|夜中に目が覚めちゃうのは!?

2021年4月7日

老け感と体調不良に悩む女性の

思考とカラダと見た目年齢を巻き戻す

栄養&美容コーチの

榎戸なおみです。

 

 

 

エステティシャンやセラピストの方、

栄養と美容に興味のある方に向けて

使える情報をボチボチと配信しています。

LINE公式

友だち追加

 

 

最近、眠りが浅かったり

中途覚醒してスッキリしないことが

続いています。

 

 

そこで先日の夕方、

近所にある不忍池を散歩してきました。

 

 

 

上野公園,不忍池

 

 

 

数年前、副腎疲労症候群になっていた頃、

夜間の中途覚醒だけでなく、

寝汗や悪夢、寝違いや噛みしめがありました。

 

 

しっかり眠れないということは

美容に良くないし、脳にもよろしくないし。

 

 

原因は夜間低血糖

起こしているからだと思われます。

 

 

実はこれみんな低血糖が原因の症状です。。

 

 

最近の私は精神的なストレスが

掛かっていたことを自覚しています。

 

 

副腎疲労症候群になった人は

恐らく何かのタイミングでまた症状が

揺り戻されるんだな~とわかります。

 

 

 

夜間低血糖を起こす原因

 

ではなぜ夜間に低血糖を起こすと

こんな症状が出るのでしょうか?

 

 

1つは普段の食生活。

 

 

血糖値が乱高下するような

糖質過多な食事やおやつの摂り方は

血糖値を急上昇させます。

 

 

 

この子に罪はない!

食べ方の問題ね

 

 

 

すると膵臓から出るインスリンという

ホルモンが過剰に出て血糖を下げる為に

低血糖をを起こす。

 

 

これが寝ている間に起こると

寝ている間は食事が摂れないので

低血糖に陥る。

 

 

低血糖は死の危険があるから

ストレス対抗ホルモンのコルチゾールや

アドレナリンを出して血糖値を

安定させようとします。

 

 

これらのホルモンは自律神経の交換神経を

刺激してしまうんですね。

 

 

アドレナリン、よく聞きますよね。

「闘争」と「逃走」に使われるホルモンです。

 

 

こんなものが夜中に分泌されて

一体、私は何と闘い、何から逃げてるのか?

という感じですよ(笑)

 

 

この2つのホルモンは

本来夜中に出ては塩梅がよくないもの。

 

 

加えて私はアルコールがダメなくせに

糖質過多で脂肪肝ぎみだと思われるから

肝臓もやや疲れている。

 

 

肝臓が機能低下を起こしていると

夜間に低血糖を起こした時に

肝臓に蓄えられているはずの

糖(グリコーゲン)を切り出して

血中に戻すことができていないんですね。

 

 

それは血糖値が安定しないということです。

 

 

この2つの原因から

夜間の途中覚醒が起きています。

 

 

 

一方でコルチゾールには肝臓から血中に

グルコースを届ける仕事があります。

 

 

副腎疲労症候群の場合、

副腎が疲弊期という状態までくると

コルチゾールが減りグルコースを運べなくなる。

 

 

すると血糖値が下がるという現象も出てきます。

 

 

こうなると増々アドレナリン全開で

交感神経バリバリな状態に!

 

 

 

対処法は血糖と交感神経の逃がし方

 

さて。

私は交感神経が高い傾向にあります。

 

 

それは生まれる前の母の

重いつわりのせいなのですが

その話はまたの機会にするとして。

 

 

ただでさえ高めの交感神経なのに

最近、精神的なストレスが

薄ーく、長ーく続いてしまい

さらに高くなってしまったと思われます。

 

 

私は分子栄養学のカウンセラーなので

自分の身に起きていることは

大体、わかります。

 

 

潜在意識や本来の思考が

現状の生き方と違う方向を向いていると

カラダは「方向ちがうけど?いい加減にせえよ」

と正しくお知らせしてくれるんですね~

 

 

 

 

 

これが原因の2つ目です。

凄いよね、カラダって。

 

 

精神的なストレスは

排除するのが一番だけど

そう簡単に思考を変えたり

環境を変えたりなんてできません。

 

 

高すぎる交感神経は

筋トレすると落ち着いてきます。

 

 

が!筋トレ苦手な私。

どこまでもグータラを自覚している。

 

 

そこでせめてもの対策として

強めのウォーキングをしようと思って

不忍池に行ったわけです。

 

 

もちろん栄養療法として

ちゃんと血糖コントロールできる方は

した方が良いですからね。

 

 

春は1年で一番自律神経の

バランスを崩す時期です。

 

 

環境も変わるし

慣れないことで緊張が続く。

 

 

そんな時は

心を落ち着かせるためにも

強めの散歩をお勧めします。

 

 

マインドフルネス的にも

歩いてるときは

心配事を頭から流すのがいい。

 

 

強めに歩くと

そんなこと考えられないのでなお良しです。

 

 

現在募集中の栄養セミナー

◆エステティシャン&セラピストが

知っておきたい

分子栄養学活用講座【美容プロコース】

「お客様のカラダがわかる!

使える体内美容術」

エステティシャン,セラピスト,分子栄養学

 

現在募集中の栄養セミナー

◆ZOOMオンライン講座

エステティシャン&セラピストのための

「使える体内美容術!あなたに足りない栄養素はコレ」

4月20日(火) 10時~(90分)
5,000円/税込
※これからエステティシャン・セラピストを
目指す方もOKです

画像クリック☝

 

栄養個人コンサルお申込み

◆対面またはZOOMオンライン

食事やお仕事の内容、睡眠などの生活習慣、

症状や気になることなどをお伺いし血液検査の

データを読み解きアドバイスさせていただきます。

 

◆料金 16,000円/税込(2時間)

ご予約ボタン

ご希望日など、

こちらからメールをお送りした際にお伺いします

 

PAGE TOP